コラム|流山市の歯科・歯医者|おおたかの森 みわ歯科矯正歯科

04-7136-7587

04-7136-7587

流山おおたかの森駅から徒歩圏内。駐車場10台完備しています。矯正治療は治療経験が豊富な日本矯正歯科学会認定医の女性歯科医師が担当いたします。歯科用CT完備・キッズルームなどの設備も充実で、安心して通える歯科医院です。

各種保険取り扱い

随時急患対応

04-7136-7587

休診日:木曜・日曜・祝日
※祝日がある週の木曜は診療

流山市の歯医者さん・おおたかの森 みわ歯科・矯正歯科の診療時間流山市の歯医者さん・おおたかの森 みわ歯科・矯正歯科へのアクセスweb予約はこちらから
コラム
コラム
コラム

当院で始めよう。 子どもの矯正治療「小児矯正」

皆さんこんにちは。

千葉県流山市の「おおたかの森 みわ歯科・矯正歯科」です。

 

お子さんの歯並びが気になり、矯正治療を検討中の方や漠然と不安を抱える方に向けて、「小児矯正」 についてそのメリットや治療方法などをお話しします。ぜひ、不安や疑問などの解消に参考にしてください。

 

矯正治療を子どものうちに始めるメリットは?

お子さんの歯並びを治療する小児矯正は、見た目を整えるだけの治療ではありません。かみ合わせをバランスよく調整し、成長期にあるお子さんの顎や骨格の正常な発育を促すことが目的です。
顎の骨の成長に合わせて矯正治療を進めるので、痛みを感じることが少なく、一度整えた歯並びやかみ合わせが後戻りしづらいことが小児矯正の特徴。さらに歯の生えるスペースを作るための抜歯を行う可能性が減ること、永久歯がきちんと生えるようにコントロールできるといったメリットが挙げられます。

 

「小児矯正」は2段階で治療を進めます

小児矯正は「第一期治療」「第二期治療」の2段階で治療を行います。お子さんの歯並びや骨の状態、かみ合わせを常に観察しながら治療を進めていきます。
第1期治療は6~8歳ごろのお子さんが対象です。まだ成長途中にある顎の成長を促進(あるいは抑制)して骨格を整え、歯の生えるスペースを広げていくことが目的です。
そこで骨格が要因である症状(下顎が前方に出ている「受け口」、上顎の前歯が前方に出ている「出っ歯」など)は、第1期から治療を開始したほうが高い治療効果が期待できます。

 

第二期治療は矯正治療の総仕上げ

第二期治療は10歳~成人(中学~高校生)の方が対象になります。この時期には乳歯がすべて永久歯に生え変わるので、矯正装置を使って本格的に歯並びを整えていきます。
調整後の歯並びはまだ安定しないので、再び歯並びが乱れてしまう「後戻り」という現象が起こる場合があります。その後戻りを防ぐために専用装置による治療を引き続き行いますが、第一期治療が順調に進んだ場合には第二期治療を行わないケースもあります。

 

まとめ

大人になってからでも矯正治療は行えますが、抜歯が必要なことが往々にしてあります。しかし、お子さんの顎の成長を利用する小児矯正では、抜歯せずに歯並びを調整できる可能性が広がります。
お子さんの歯並びが気になる場合、小児矯正についてさらにくわしい説明が必要な場合は、当院までご相談ください。

 

最近の投稿

カテゴリ