矯正について|流山市の歯科・歯医者|おおたかの森 みわ歯科矯正歯科

04-7136-7587

04-7136-7587

流山おおたかの森駅から徒歩圏内。駐車場10台完備しています。矯正治療は治療経験が豊富な日本矯正歯科学会認定医の女性歯科医師が担当いたします。歯科用CT完備・キッズルームなどの設備も充実で、安心して通える歯科医院です。

各種保険取り扱い

随時急患対応

04-7136-7587

休診日:木曜・日曜・祝日
※祝日がある週の木曜は診療

矯正について
矯正について
矯正について

あなたに合った矯正方法を
ご提案します

こんな歯並びでお困りではありませんか?

  • 受け口
    (下あごが出ている)

  • 出っ歯

  • 歯が
    かみ合っていない

  • あごが
    左右にズレている

  • 歯が歯ぐきに
    埋まって出てこない

  • でこぼこ歯

  • 早期接触

矯正治療はどこで受けたらいいの?

専門知識と技術のあるおおたかの森 みわ歯科矯正歯科におまかせください

矯正治療はどこで受けたらいいの?

おおたかの森 みわ歯科矯正歯科の副院長は日本矯正歯科学会 矯正認定医です。 国内外からさまざまな治療技術を取り入れ、患者さんのご負担を最小限に抑えながら効率的な治療を行い、しっかりと噛む喜びと素敵な笑顔を作るお手伝いをいたします。

お子さんの矯正治療は何歳から始めたらいいの?

矯正治療はどこで受けたらいいの?

一般的には6歳から8歳、上下の前歯が4本ずつ生え変わったころが矯正治療の開始時期です。

とはいえ、顔が一人一人異なるように、歯や顎(あご)、そして心の成長はお子さんによって千差万別です。早い時期に矯正を始めたほうが良いお子さんもいれば、実際にはしばらく成長を待ってから始めたほうが良いお子さんもいます。

まだ歯が生えそろっていなかったり、成長過程途中のお子さんの場合、年代や歯の状態によって矯正治療をスタートする時期はケースバイケースです。

機能的に問題がある場合にはすぐに治療に入りますが、今すぐに始めなくて良い場合には様子を見ることもあります。

当院では、第一期(子供の歯が残っている時期)と第二期(永久歯列になってから)に分けて治療を行っていますので、まずはご相談ください。第一期から第二期にかけて継続して治療を受けられた場合には、検査料は第一期のみとなります。

中高生・成人の矯正治療

中高生・成人の矯正治療

最近は、大人になってから矯正治療を始める方が非常に増えています。
大人(永久歯列期)は何歳からでも矯正治療を始められます。成長過程のこどもに比べると歯の動きはやや鈍いものの、大きな差はありません。
歯並びを美しくしてきれいな口元を得るだけでなく、かみ合わせを改善して歯みがきしやすくすることも矯正治療の目的です。

*装置について
お口の状態によっては、クリアブラケット、ホワイトワイヤー、舌側矯正歯科装置、マウスピース型矯正装置など、目立たない矯正治療もご使用いただけます。お気軽にご相談ください。

矯正方法の種類

表側の矯正装置

表側の矯正装置

一般的な矯正装置で、あらゆる不正咬合の治療に対応可能な治療方法です。
当院では見た目に配慮し、透明で目立たないブラケットを用いています。前から3~4本目までの一番目立つ部分にはクリアな素材(強化プラスチックなど)のブラケットを用い、奥歯には壊れにくい金属製のブラケットを用いています。

ホワイトワイヤー

ホワイトワイヤー

白くコーディングされたワイヤーです。金属製のワイヤーと比べて目立ちにくく、クリアブラケットと合わせて使用することでより目立つことなく矯正治療が進められます。

舌側矯正歯科装置

舌側矯正歯科装置

裏側矯正(舌側矯正/リンガルブラケット)は、ワイヤーやブラケットなどの矯正装置を歯の裏側に付けるので、表側からは矯正をしていることがほとんどわからなくなる方法です。最も目立たない方法ですが「舌の違和感が強い」「治療期間が長くなる傾向がある」「歯を並べることが難しくなる」「治療費が割高になる」といったデメリットもあります。当院では、患者さんの治療の難易度に応じて、裏側矯正が可能かどうか判断させていただいております。

■ マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置

マウスピース矯正(マウスピース型カスタムメイド矯正装置による矯正治療)とは、「アライナー」という透明のマウスピースを使用する方法です。1~2週間ごとに新しいアライナーに交換しながら1日20時間以上装着し、歯を徐々に移動させます。
ほかの矯正法とは違って装置が取り外し式ですし、ブラケットやワイヤーも装着しないので目立ちにくい方法でもあります。しかしこの方法で矯正可能なのは、比較的簡単な症状に限られることが多く、状況によっては、通常のワイヤーを使った矯正との併用になる場合もあります。

インプラント矯正

インプラント矯正
歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正歯科治療)

インプラント矯正とは「アンカー」と呼ばれる小さなスクリュー(小さなインプラント)を歯ぐきに埋入し、これを固定源として歯を引っ張ることで、効率的な歯列矯正ができる画期的な方法です。今までの矯正治療では難しかった歯の動きが可能となりました。
通常の矯正施術料内で行います。(追加費用はかかりません)

矯正治療の流れ

初回相談

流山市・おおたかの森 みわ歯科矯正歯科

「矯正をやってみたいな」と思ったらお気軽にご相談ください。

アンケートと問診用紙にご記入いただいた上で、お口の中の写真をお撮りして簡単な診査を行います。その後、カウンセリングルームで装置の模型などをお見せしながら、治療の概要や治療期間・費用の概算をご説明します。(矯正が必要でないと判断する場合もあります。)

※ご希望や必要性に応じて、次回検査のお約束をお取りします。
※成長期などでは、6~12か月後の経過観察となる場合があります。

検査

流山市・おおたかの森 みわ歯科矯正歯科

診断に必要な頭部や歯のX線写真、お口や顔の写真などを撮影し、歯型や噛み合わせを記録。さらには、歯ぐきの検査、虫歯の有無、あごの関節の状態もチェックさせていただきます。

診断

流山市・おおたかの森 みわ歯科矯正歯科

検査結果をもとに治療計画書を作成してご説明致します。 ご説明には、充分な時間をお取りしています。そして、診断・治療方針に納得していただいた段階で治療契約書を発行し、治療を開始させていただいています。


おおたかの森 みわ歯科矯正歯科は
リスクやデメリットも正直にお伝えします
矯正の治療期間は数年ですが、その後も歯は一生付き合っていくものです。 患者さんのお口の状態によって、ご希望されている矯正方法では矯正できない場合もありますが、合わない方法で矯正を始めて、「やっぱりうまくいかなかった」「予測と違った」ということにならないように、おおたかの森 みわ歯科矯正歯科ではリスクやデメリットも含めて正直にお伝えしております。

装置の装着と治療

流山市・おおたかの森 みわ歯科矯正歯科

治療計画に沿って、治療を進めていきます。基本的に3~6週間に1度来院して頂き、ワイヤーの交換や矯正装置の調節をしながら歯を動かしていきます。
矯正装置の装着の際には、装置の詳しい説明を行うとともに、基本的なブラッシング指導やトラブルが起きたときの対処方法などもご説明します。
また毎回来院時には、ブラッシング状態のチェックや専門の衛生士によるブラッシング指導も行い、虫歯や歯周病を予防しながら治療を続けていきます。

装置撤去・ 保定管理

流山市・おおたかの森 みわ歯科矯正歯科

治療が終了したら矯正装置を外し、歯のクリーニングをします。そして、きれいになった歯並びを定着させるための保定装置(リテーナー)を装着します。
その後治療結果の最終確認を行うための検査を行い、終了時検査の結果をご説明し、治療前の状態と比較することで、治療結果をご確認いただきます。

矯正装置から保定装置(リテーナー)に移行したあとは、4~6か月に1回の間隔で経過を見ていきます。一般的には2~3年程度の保定を行い、問題がなければ終了となります。

きれいな歯並びをめざして、
がんばりましょう

患者さんの協力度合いで、治療期間や仕上がりが変わります

矯正治療は、月に一度来院していただいてワイヤーの調整をしたり、毎日自分でブラケットに小さな輪ゴムをかけてもらうなど、患者さんの協力の度合いが治療期間や仕上がりが大きく反映されます。矯正治療は時間もお金もかかるからこそ、「歯並びをきれいにしたい」「かみ合わせをよくしたい」という強い意志を持って最後までがんばりましょう。
当院でもできる限りサポートさせていただきますので、矯正中にお困りのことは何でもお気軽にご相談ください。