小児歯科|流山市の歯科・歯医者|おおたかの森 みわ歯科・矯正歯科

04-7136-7587

04-7136-7587

流山おおたかの森駅から徒歩圏内。駐車場10台完備しています。矯正治療は治療経験が豊富な日本矯正歯科学会認定医の女性歯科医師が担当いたします。歯科用CT完備・キッズルームなどの設備も充実で、安心して通える歯科医院です。

各種保険取り扱い

随時急患対応

04-7136-7587

休診日:木曜・日曜・祝日
※祝日がある週の木曜は診療

流山市の歯医者さん・おおたかの森 みわ歯科・矯正歯科の診療時間流山市の歯医者さん・おおたかの森 みわ歯科・矯正歯科へのアクセスweb予約はこちらから
診療案内
小児歯科
診療案内

小児歯科とは

歯が生え始めた0歳から大人になるまで、子どもたちの歯とお口の健康を見守るのが小児歯科です。
子どもの乳歯や生えかわったばかりの永久歯は未熟で、むし歯になりやすいという特徴があります。また、むし歯になってしまうと進行が早く、あっという間にひどくなってしまいます。さらに、小さな頃のむし歯は永久歯の歯並びや顎の成長に悪影響を及ぼすことがあるので、注意が必要です。
子どもの頃から歯科医院に通い慣れておくと、大人になってからも健康な歯とお口を維持できる傾向があります。特に悪いところがなくても、定期検診や予防のためにお気軽に歯科医院へお越しください。

子どものむし歯について

  • 1. 決まった時間内で食事をしましょう

    むし歯菌のエサは、飲食物に含まれる糖分です。お口の中に食べ物や飲み物がある時間が長いと、それだけむし歯菌がたくさん活動して酸を作り出し、お口の中をむし歯になりやすい酸性にしてしまいます。食事にかける時間をきちんと決め、それ以外はお口の中に糖分がある状態にならないようにしましょう。

  • 2. 甘いものをとるときは質と量に注意

    むし歯になりやすい飲食物は、糖分が多くて歯にくっつきやすいチョコレートや甘いジュースなどです。これらが歯にくっつくと糖分がお口にとどまり、むし歯菌のエサになってしまうのです。例えば、おやつをお菓子からおにぎりに変えたり、甘くてもむし歯になりにくいキシリトール配合のお菓子を選んだりするとよいでしょう。

  • 3. 歯磨きは食後30分してから

    食後はお口の中が酸性になっているので歯の表面が弱く、すぐに歯磨きをすると歯のエナメル質を傷つけてしまう恐れがあります。食後の歯磨きは30分ほど経過してからがよいでしょう。子どもだけで歯磨きをした場合は磨き残しが多いので、10歳くらいまでは必ず大人の方が仕上げ磨きをしてあげてください。

子どものむし歯を防ぐために

歯が生えたら歯医者さんへ

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、むし歯菌や歯周病菌は存在しません。菌のない状態のままならむし歯や歯周病の心配はありませんが、生活する中で菌を保有している家族や周囲の大人からうつってしまうのです。
トラブルの少ないお口にするには、むし歯や歯周病の原因菌がうつることを遅らせ、歯科医院で適切な歯とお口のケアをしてあげることです。歯が生え始める生後6か月くらいに歯科医院デビューすることをおすすめします。
子どもが成長してから初めて歯科医院に行くと、慣れない場所に怖がる子が多くいます。赤ちゃんのうちから歯科医院に定期的に行き、大きくなってからも通院が続けられると、予防や治療に無理なく取り組めるようになります。