コラム|流山市の歯科・歯医者|おおたかの森 みわ歯科矯正歯科

04-7136-7587

04-7136-7587

流山おおたかの森駅から徒歩圏内。駐車場10台完備しています。矯正治療は治療経験が豊富な日本矯正歯科学会認定医の女性歯科医師が担当いたします。歯科用CT完備・キッズルームなどの設備も充実で、安心して通える歯科医院です。

各種保険取り扱い

随時急患対応

04-7136-7587

休診日:木曜・日曜・祝日
※祝日がある週の木曜は診療

流山市の歯医者さん・おおたかの森 みわ歯科・矯正歯科の診療時間流山市の歯医者さん・おおたかの森 みわ歯科・矯正歯科へのアクセスweb予約はこちらから
コラム
コラム
コラム

ワイヤー矯正は表側と裏側の2種類ある?どちらがおすすめ?

皆さんこんにちは。

千葉県流山市の「おおたかの森 みわ歯科・矯正歯科」です。

最も標準的な矯正治療は、ブラケットと矯正用ワイヤーを使ったワイヤー矯正ですが、この治療法には「表側」と「裏側」の2種類があることをご存知でしょうか?

今回はそんな表側矯正と裏側矯正(舌側矯正)についてわかりやすく解説します。

 

どちらもブラケットと矯正用ワイヤーを使用します

表側矯正も裏側矯正も使用する装置はほぼ同じです。

皆さんもよくご存知のマルチブラケットと矯正用ワイヤーを使用します。

両者が異なるのは、装置の設置場所です。

表側矯正ではその名の通り歯列の表に装置を設置しますが、裏側矯正は裏側となります。

とてもシンプルな違いですが、矯正治療に伴うメリットやデメリットにはもう少し複雑な違いが見られます。

 

表側矯正のメリット・デメリット

◎メリット

表側矯正の最大のメリットは、ほとんどの症例に適応できる点です。

出っ歯や受け口、乱ぐい歯など、いろいろな歯並びの異常を治せるので、現状では最もポピュラーな矯正法となっています。

◎デメリット

表側矯正には「装置が目立ちやすい」というデメリットがあります。

これはブラケットと矯正用ワイヤーを歯列の表側に装着するというシステム上、避けられないデメリットといえます。

ただ、透明なブラケットや表面が白くコーティングされたワイヤーを選択することで、口元の審美性の低下を抑えることは可能です。

 

裏側矯正のメリット・デメリット

◎メリット

裏側矯正のメリットは「装置が見えない」「装置が目立ちにくい」点です。

とくに上の装置は基本的に見えることがないので、矯正中であることに気付かれません。

すべての矯正法の中で最も目立ちにくいシステムといえます。

◎デメリット

裏側矯正は、表側矯正の最大のデメリットである「目立ちやすい」点を解消することができますが、「舌の違和感が強い」「治療期間が長くなる傾向がある」「歯を並べることが難しくなる」「治療費が割高になる」といったデメリットを伴います。

また、患者さんのお口の状態によっては、裏側矯正が不可能なこともありますので、その点もご理解ください。

 

まとめ

このように、ワイヤー矯正は表側と裏側の2つから選択できます。

それぞれ向き不向きの症例がありますので、関心のある方は当院までお気軽にご相談ください。

おおたかの森みわ歯科・矯正歯科では、初診相談を無料で承っております。

 

最近の投稿

カテゴリ