ブログ|流山市の歯科・歯医者|おおたかの森 みわ歯科矯正歯科

04-7136-7587

04-7136-7587

流山おおたかの森駅から徒歩圏内。駐車場10台完備しています。矯正治療は治療経験が豊富な日本矯正歯科学会認定医の女性歯科医師が担当いたします。歯科用CT完備・キッズルームなどの設備も充実で、安心して通える歯科医院です。

各種保険取り扱い

随時急患対応

04-7136-7587

休診日:木曜・日曜・祝日
※祝日がある週の木曜は診療

ブログ
ブログ
ブログ

キシリトールとリカルデント

2019年1月30日

こんにちは。おおたかの森みわ歯科矯正歯科 副院長の三輪です。

コンビニやスーパーでよく目にするキシリトールガムとリカルデントガム。これらの違いわかりますか?

キシリトールは、天然素材の甘味料で、主にフィンランドで作られています。むし歯菌(ミュータンス菌)が、キシリトールからむし歯の原因となる酸を作れないためむし歯ができにくい、というのがその一番の特徴です。さらに、ミュータンス菌自体も、エネルギー源でもある酸が作れないので、成長・増殖が阻害され、徐々に数が減少していきます。また、キシリトールの甘さは、唾液の分泌を促し、歯の脱灰を抑え、再石灰化を進めるといわれています。

一方、リカルデントは甘味料ではなく、ほぼ無味無臭の添加物です。リカルデントのガムの甘さは他の成分で出していて、キシリトールが使われていることも多いです。牛乳に含まれる成分から作られた天然由来成分で、CPP-ACP(カゼインホスホペプチド- 非結晶リン酸カルシウム複合体)と表されます。その特徴は、歯のエナメル質がカルシウムやリン酸塩を取り込みやすくし、歯の再石灰化を促進し、再石灰化した部位の酸に対する抵抗力を高めることです。ごく初期のむし歯であれば修復してくれます。

むし歯菌のはたらきを抑制し、菌の数を減少させるキシリトール

歯の再石灰化を促進し、抵抗力を高めるリカルデント。

その違いから、状況によって使い分けましょう!!

例えば、妊娠中育児中のお母さんは、キシリトールガムを噛んでお口のなかのむし歯菌を減らすことが出来れば、お子さんへ虫歯菌が感染する可能性を低くできます。

初期むし歯(歯の表面が溶かされて、白く濁ってきます)がある方は、リカルデントを使うと、再石灰化を促進する効果で修復できるかもしれません。

当医院には歯科専用キシリトール商品がたくさんおいてあります。ご興味がある方はぜひ受付に声をかけてみてください。

流山を紹介する雑誌

2019年1月29日

こんにちは。おおたかの森みわ歯科矯正歯科副院長の三輪です。

先日流山おおたかの森SCの中にある紀伊国屋さんでこんな雑誌を見つけました。

東葛エリアの美味しいお店を紹介する雑誌のようです。

流山のことが載っているので嬉しくてつい買ってしまいました。

待合室の雑誌コーナーに置いてありますので、待ち時間にぜひ読んでみてください。

 

舌の癖について

2019年1月29日

こんにちは。おおたかの森みわ歯科矯正歯科副院長の三輪です。

舌の癖が歯並びに影響することをご存知ですか。

歯列は歯の外側の筋肉、つまり頬や唇の筋肉(頬筋、口輪筋)と内側の筋肉、つまり舌の筋肉(舌筋群)のバランスがつり合うところで形を保っています。

この内外の筋肉のバランスが崩れたときに歯ならびや咬み合わせに影響が表れます。

舌の癖には、

①舌突出癖(舌を突き出す癖)

②低位舌(舌がいつも低い位置にある)

③咬舌癖(舌を無意識に咬む癖)

などがあります。

このような舌の癖があると、

①上下の前歯の唇側傾斜(前方に倒れる)

②前歯の開咬(前歯が咬まない)

③空隙歯列などを引き起こします。

ではなぜこのような舌の癖が表れるのでしょうか。

原因を特定することは難しいと言われていますが、一般的に

①指しゃぶりなどで前歯が咬んでいない状態や口呼吸などで普段から口が開いた状態で嚥下をする際に、舌で上下間の歯の隙間を閉鎖しないと飲み込めないために舌を突出する

②喉頭に炎症がある、扁桃が腫れている、炎症があるため舌が前方位をとる

③乳児型嚥下様式が残っている

などがあると言われています。

矯正治療では歯をスムースに動かし、また矯正治療後の歯並びの安定のために、舌の正しい位置や正しい嚥下の方法を習得することがとても大切です。

 

 

24時間WEB予約を導入しました。

2019年1月28日

こんにちは。おおたかの森 みわ歯科矯正歯科副院長の三輪です。

インターネットで予約できるといい言うお声をたくさん頂戴していましたので、当院ホームページに24時間WEB予約を導入しました。

このWEB予約では、「一般歯科を初めて受診される方」「矯正相談」「矯正相談後の矯正精密検査」のご予約が可能です。

日中は忙しくて電話がかけられない方、手が空いた隙間時間に是非こちらをご利用ください。

通院中の患者様の「治療」のご予約は、患者様の治療内容によって所要時間が異なるため、恐れ入りますが通常通り、来院毎もしくはお電話にてご予約をお取りください。

 

ナイトガード②

2019年1月25日

こんにちは。おおたかの森みわ歯科・矯正歯科 歯科衛生士の宮澤です。

前回ナイトガードを新しく作って頂き、使用後のお話をしようと思います!

(ナイトガードにつきましては前回の投稿をご参照ください)

 

毎晩ナイトガードをつけて寝ると朝起きて食いしばりによる奥歯の痛みや顎の疲労感が改善されました!

ですが、下の前歯に強く当たっているところがあり押されているような感覚がありました。

暫くそのままで使っていたのですが、ある時夢でその下の前歯がグラグラして抜けてしまう夢をみたのです・・・・💦

目を覚ますとちゃんと前歯はついていたのですが暫く痛い感じがあったので院長先生に嚙み合わせの調整をして頂きました。

その様子です。


赤い紙を噛むと強く当たっているところが分かるので、そこを削って調整します。
すると次の日の朝、下の前歯の痛みが全くありませんでした!!
今では何も問題なく使うことが出来ています😊
昼間も出来れば付けていたいと思うくらいお気に入りです^^

同じようなお悩みを抱えている方もいらっしゃると思います。
もしかしたら・・・?と思われたら気軽にご相談ください!

 

 

 

 

お花を頂きました。

2019年1月24日

こんにちは。おおたかの森みわ歯科・矯正歯科副院長の三輪です。

先日当院に素敵な贈り物を頂きました。

私は大学卒業後に矯正学を学ぶために東京医科歯科大学の顎顔面矯正学というところに在籍させて頂いたのですが、

入局当初、何もわからない私に一から矯正治療について教えてくださった恩師で、大変お世話になった方から素敵なお花を頂きました。

久しぶりにお話をさせて頂いて当時のことが思い出せれ、改めて感謝の気持ちでいっぱいになりました。

また、同じく教室の先輩からとても可愛らしいお花を頂きました。とても上品でセンスの良い方で、贈り物も素敵過ぎて感激でした。

とても嬉しかったです。ありがとうございました。

 

 

 

日本人はこうして歯を失っていく

2019年1月24日

こんにちは。おおたかの森みわ歯科・矯正歯科副院長です。

歯周病について正しい知識をお持ちでしょうか。

日本人が歯を失う原因1位の歯周病。

近年、糖尿病や心筋梗塞など、さまざまな病気と密接な関係になることもわかってきました。

歯を失わず、健康でいるためのおすすめ本があります。

院長も学会員である日本歯周病学会と日本臨床歯周病学会が記した「日本人はこうして歯を失っていく」です。

歯周病に関する原因・治療・予防について正しい知識の普及を目的にわかりやすく書かれています。

現在、歯周病治療にかかっている人はもちろんのこと、歯科医院にかかっていない人たちにも、

歯周病予防に取り組んでもらうことや、歯周病の症状により早く気づいて歯科医院を受診していただきたいです。

デンタルフロス

2019年1月23日

こんにちは。おおたかの森みわ歯科矯正歯科 歯科衛生士の宮澤です。

今日はデンタルフロス(糸)について書こうと思います!

 

汚れが付いている所が赤く染まる液体を歯の周りに塗り、軽くうがいをしてもらいました。

幼稚園や小学校、市の検診でも行われていることなので経験したことがある方もいると思います!

 

これは歯ブラシのみで歯を磨いた状態の写真です。

歯と歯の間に赤く染まった汚れが見えます。

歯の表面の汚れは歯ブラシでもよく落とせますが、歯と歯の間には歯ブラシの毛先が行き届かない為汚れが残りやすいのです。

そこでデンタルフロス(糸)を通すと

汚れが落ちてきれいになりました!
そしてデンタルフロスを通し終わった後スッキリした感じがすると言っていました!

虫歯になりやすい所の一つである歯と歯の間はデンタルフロスを使っておそうじすることをおすすめします!
糸を通すのが難しいと感じられる方は、柄がついた糸ようじの方がおそうじしやすいと思います。

細かいところもきれいにしてお口の中を清潔に保ちましょう😊♪

 

 

被せ物の精度

2019年1月22日

こんにちは。おおたかの森 みわ歯科・矯正歯科院長の三輪です。

被せ物の精度はむし歯や歯周病の再発と大きく関係します。

削った歯に隙間なくピッタリ装着されていれば、隙間から汚れや細菌は入りません。

しかし隙間や段差があったらどうでしょう?

隙間や段差は細菌が停滞しやすい環境になりますから、むし歯や歯周病は必然的に再発してもおかしくありません。

歯科治療は対象物が小さく、ミクロ単位での精度が要求されます。

しかし狭い口腔内で周囲には歯肉・舌・口唇・頬粘膜があり、唾液によって常に濡れている環境です。その環境の中で高精度のものを提供するには、歯を削って歯型を採る歯科医師、模型上で被せ物を作る歯科技工士の技量で精度が大きく変わるといってもよいでしょう。

 

適合の悪い縁です。

適合の良い縁です。

 

 

適合の悪い縁です。
適合の良い縁です

院長は歯科医師になりたての頃に、院長の師匠である千ヶ崎先生の勧めで藤本補綴臨床研修会に参加しました。

藤本補綴臨床研修会では、ベーシックコース、アドバンスコースと合わせると約3年間かけて口腔内でおよそ40ミクロンの精度で縁を合わせる被せ物の勉強をします。このレベルの治療であれば、隙間から細菌が侵入しにくくなることがわかっています。

院長は以来常に被せ物をした周囲の歯肉の細胞が満足するような精度と質の高い補綴物を提供しようと心掛けています。

 

インフルエンザ

2019年1月21日

こんにちは。おおたかの森みわ歯科・矯正歯科副院長の三輪です。

最近寒い日が続いていますね。

当院に治療にいらした患者さんが教えてくれたのですが、おおたかの森みわ歯科・矯正歯科の近隣の小学校でもインフルエンザで学級閉鎖になったクラスが出てきたそうです。

またインフルエンザやノロウイルスなどを考慮して、毎年やっていたお餅つき大会を中止にした幼稚園もあるそうです。

まだまだ寒い日が続きますが、皆様くれぐれも健康にはお気をつけください。

1 2 3 4 5 6 7 8